特徴特徴 「レクシルファイバー」と「トルクパワー理論」に「トライ‐ボルテージシステム」が加わり、パワーと打ち応えを実現。 テクノロジー 【トライ・ボルテージシステム】:パワーを増やせば、操作性が低下する。操作性を高めれば、パワーが減少する。この相反するパワーと操作性を「トライ‐ボルテージシステム」が両立し、威力ある重いパワースマッシュと高速ラリーに対応するスピーディーなラケットワークを可能にする。【アイソメトリック】:四角いフレーム形状「アイソメトリック」は、縦横のストリングの長さを均等化し、打球時の可動域を拡げ、スウィートエリアを上下左右に拡大する。【レクシルファイバー】: